時間が取れないサラリーマン

毎日忙しく働いているサラリーマン、どうしても急いでまとまったお金を急に用意しなければなくなったとしたらどうでしょうか。
そんなときに限って給料日前だったり、定期預金に残高を入れた後だったりするものです。
キャッシングを決意したのであれば急がなくてはなりません。
特に即日融資を希望する時にはいくつもの注意しなければならないポイントがあります。
しかし注意しなければならないポイントを抑えているのであれば逆に即日融資の可能性も高くなります。
サラリーマンは忙しいものです。
自分のために時間を確保することなど難しいのではないでしょうか。
昼休みのはずが取引先から来客があったり、仕事が終わったはずがフォローに回らなければなくなったり、休日のはずが出勤を余儀なくされたり。
家庭を持っている方であればよく言われるかもしれません。
主婦の方が忙しいのか、それとも働くサラリーマンの方が忙しいのか、その話し合いは長いバトルになりそうです。
ちょっと帰りに買い物をしてきて、空き時間に電話をちょうだい、コンビニに行くついでにATMに寄ってきて。
とかく女性は妻に限らず用事を頼みがちではありますがその時間も惜しいほどに働いているのだということが理解されていないのかもしれません。
収入の高い低いなど問題ではありません。
もはや長年働いていれば年功序列で収入が上がるという時代ではありません。
月給で働いている以上、時給の給料は発生していないでしょう。
時給で計算をしてしまえばアルバイト収入の方がまだ稼いでいるのではないかと心配になるかもしれません。
思っているほどに収入が上がらない、その中で生活をしていかなければならないのは簡単なことではありません。
低所得というわけではないでしょう。
現在のサラリーマンは平均的な年収が300万円から400万円です。
2人以上の世帯では貯蓄額が最も多い範囲で100万円未満という時代です。
どこの家庭でも似たり寄ったりの生活水準になっていることでしょう。
貯蓄額が少ないからこそ急なまとまった金額には対応できない、もしくはその貯蓄を崩したくはないということがあるのではないでしょうか。
思い切って生命保険を解約するのかといえばそれも難しいものです。
働いている、生活を支えている立場だからこそ崩せない保障があります。
友人に借りることも信頼関係にひびを入れるようで難しいでしょう。
親兄弟にお金を借りるほどの年齢でもないでしょう。
だからこそキャッシングを決意したのではないでしょうか。
時間が取れないサラリーマンでもキャッシングをする方法はあります。
もちろん即日融資の方法もあります。
お金を業者、もしくは銀行から借り入れるというその契約をよく考えながら即日融資ができる方法を見つけていきましょう。

消費者金融でお金を借りる時はいくらまで

キャッシングをするには消費者金融やクレジット会社、銀行カードローンなどさまざまな金融機関で申込ができます。

消費者金融とクレジット会社は総量規制の対象になり、銀行カードローンは総量規制の対象外になるので融資を受けるときの条件が違ってきます。

総量規制とは2010年の貸金業法の完全施行によって導入された法律で、消費者金融やクレジット会社は、この総量規制の影響を受けます。

総量規制とは消費者金融やクレジット会社が融資をするときの貸出しは、年収の3分の1以内という制限を設けたものです。

また、借入希望額が50万円をこえる場合や、他社からすでに借入が有る場合、その借入残高と借入希望額の合計が100万円をこえるときは、年収を調べる為に収入証明書を出す必要があります。

消費者金融でお金を借りるとき、いくらまでなのか気になるところですが、初回申込時は多くても50万円以下で、問題なく返済を続けていればやがて増額申請ができるようになりますが、増額をかさねても最大で借りられる金額は年収の3分の1以内になります。

銀行カードローンの場合は総量規制の対象にならないので、各銀行はそれぞれの基準を設けているので、審査に通れば年収の3分の1をこえるお金も借りられます。

また消費者金融は無収入の専業主婦には貸出しができませんが、銀行カードローンなら年収のない専業主婦にも貸出しをしているカードローンがあるのでそれらのカードローンを利用すれば安心してキャッシングができます。

関連記事